〒703-8243 岡山県岡山市中区清水287

TEL 086-270-6660

医療法人アスクレピオス会 岡眼科クリニック

Fly Mosquito 飛蚊(ひぶん)症

飛蚊(ひぶん)症とは

飛蚊(ひぶん)症とは、ものを見ているときに黒い虫のようなものが動いて見える状態のことです。視線を動かしてもなお一緒に移動してくるように感じられる場合もあります。
「浮遊物」の数や形、大きさはさまざまで、まばたきをしても目をこすっても消えない特徴があり、暗いところでは気にならなくなります。

原因

眼球の中の大部分は、硝子体と呼ばれるゼリー状の透明な物質がつまっています。
角膜と水晶体を通して外から入ってきた光は、この硝子体を通過して網膜まで達します。
ところが硝子体に何らかの原因で“濁り”が生じると、明るいところを見たときにその濁りの影が網膜に映り、眼球の動きとともに揺れ動き、あたかも虫や糸くずなどの『浮遊物』が飛んでいるように見え、飛蚊(ひぶん)症として自覚されます。この“濁り”には、生理的な原因によるものと病的な原因によるものがあります。

生理的な原因によるもの

加齢変化

歳をとると硝子体はゼリー状から液状に変化し、硝子体は次第に収縮して網膜から剥がれます(硝子体剥離)。このような変化が飛蚊(ひぶん)症の症状をもたらしますが、生理的な現象です。

強度近視

若い人でも強度の近視の場合には硝子体剥離が早期に起こりやすく、しばしば飛蚊(ひぶん)症の訴えがあります。

病的な原因によるもの

網膜裂孔、網膜剥離

硝子体剥離やその他の原因で網膜に穴が開いたり(網膜裂孔)、その穴を中心に網膜が下の層から剥がれて硝子体の方へ浮き出す(網膜剥離)ことがあります。このような現象が起こると初期症状として目の前を飛ぶ『浮遊物』の数が急に増加し、放っておくと失明にいたります。

硝子体出血

糖尿病や高血圧、外傷などにより眼底で出血が起こり、その血液が硝子体に入ると突然、飛蚊(ひぶん)症の症状を感じたり、目の前に赤いカーテンを引いたように感じます。出血の量や部位によっては視力が著しく低下します。

ぶどう膜炎

ぶどう膜に細菌やウイルスが進入したり、目のアレルギー反応により炎症が起こると、血管から白血球や滲出物が硝子体に入り込み、飛蚊(ひぶん)症の症状を感じます。炎症がひどくなると『浮遊物』が増加し、視力が低下します。

診療

Optos(広角眼底写真撮影)で血管状態や網膜・視神経など目の奥の状態の写真撮影を行い、原因を調べます。疾患があればその原因による治療を行います。

網膜裂孔、網膜剥離

網膜裂孔の治療はレーザー光線で裂孔の周囲を焼き固め(光凝固法)、剥離を防止します。
これは通院治療で行えますが、網膜剥離を起こすと入院・手術が必要となります。

硝子体出血

出血が少なければ自然に治ることもありますが、出血が多い場合には硝子体手術を行って外科的に出血や濁りを取り除きます。症状により出血の原因となっている部位にレーザーを当てる光凝固法を行うこともあります。

ぶどう膜炎

炎症を抑えるための内服薬や点眼薬で治療します。

TOP