〒703-8243 岡山県岡山市中区清水287

TEL 086-270-6660

医療法人アスクレピオス会 岡眼科クリニック

Laser レーザー治療

レーザー治療

網膜の病気に対し、レーザーで網膜を凝固し、病気の治療、進行防止をめざします。なお、白内障があれば先に治療する必要があります。
瞳孔からレーザーを網膜に向けて当てて瘢痕を作り、網膜裂孔の周囲を固定して網膜剥離が起きるのを予防したり、網膜の下に溜まっている水分の排出を促し浮腫を改善したりします。また、糖尿病や網膜血管の病気でできる新生血管の発生を防ぐために行ったり、新生血管を焼き潰すこともあります。
点眼麻酔で行い手術時間は数分から15分程度ですが、凝固箇所が多い場合は何回かに分けます。

*レーザー治療が可能な眼の病気(網膜の病気)

  • 糖尿病による出血(糖尿病性網膜症など)
  • 血管の病気による網膜の出血(高血圧症や腎臓の病気も含む)
  • 網膜の黄斑部の病気(黄斑変性症)
  • 網膜に穴があく病気(網膜裂孔、網膜円孔など)
  • 網膜剥離

主な診療設備

当医院では従来のレーザーより低侵襲で痛みの少ないマルチカラースキャンレーザー光凝固装置(ニデック社)で治療を行っております。

最新のレーザー光凝固装置

マルチカラースキャンレーザー光凝固装置(ニデック社)

眼の奥にある網膜にレーザーを照射することにより、病的な網膜を凝固させ進行を抑制したり治療を行う装置です。

マルチカラースキャンレーザー光凝固装置(ニデック社)

YAGレーザー手術装置

YC-1800(ニデック)

レーザーにより後発白内障の眼内の濁りを取りのぞく治療に使用します。

YC-1800(ニデック)
TOP