〒703-8243 岡山県岡山市中区清水287

TEL 086-270-6660

医療法人アスクレピオス会 岡眼科クリニック

Vitreous 硝子体手術(日帰り)

硝子体とは

眼球の中には硝子体という透明なゼリー状の組織があります。この組織が炎症や出血などにより混濁したり、網膜を牽引して網膜剥離となったり、様々な疾患を引き起こす原因となります。

眼の中の出血や濁りを硝子体と共に摘出したり、網膜にできた増殖膜や網膜裂孔を治療し網膜の機能を回復させる手術を硝子体手術といいます。

手術方法

ほとんどの硝子体手術は局所麻酔で行います。手術室で眼の消毒をした後に眼の下の部分に麻酔の注射をします。

  • 硝子体手術では、まず白目の部分に手術機器を挿入する小さな穴を下記のように3カ所あけます。
    (1) 術中に眼球の形態を保つための灌流液を入れるためのもの
    (2) 眼内を照らす照明を入れるためのもの
    (3) 硝子体を切除するカッターなどを入れるためのもの
    硝子体手術
  • 次に硝子体を切除します。切除した分量だけ眼内に灌流液が入り置き換わっていきます。その後は疾患により、網膜上に張った膜や増殖膜と呼ばれる分厚い膜を取り除いたり、網膜にレーザーを照射したりと必要に応じて処置を行います。

白内障に罹っている患者さまは白内障手術も同時に行うことがあります。
疾患によって手術時間がかなり異なります。手術前に主治医から詳しく説明させて頂きますのでご安心ください。

硝子体手術で対応できる疾患

日帰り硝子体手術

  • 硝子体出血
  • 黄斑上膜
  • 黄班円孔
  • (一部)網膜剥離
  • (一部)糖尿病性網膜症

主な診療設備

硝子体手術装置

コンステレーション®
コンステレーション ビジョンシステム
TOP